Amano Lab.

授業topに戻る

コンピュータアーキテクチャ

[ 2015 |そのほか ]

Verilogのあんちょこ

  • 「Verilog入門スタイルとは?」 
  • 「実行の仕方」 
  • 「モジュールの宣言」
  • 「テストベンチの基本」
  • 「assign文」
  • 「数の表現」
  • 「バスの表現」
  • 「演算」
  • 「条件演算子」
  • 「符号拡張算術右シフト」
  • 「defineとparameter」
  • 「wireとreg」
  • 「mem文」
  • 「always文」
  • 「if文」
  • 「case文」
  • Verilogの記述例

  • 「ALU」
  • 「3-8デコーダ」
  • 「プライオリティエンコーダ」
  • 「さいころ表示器」
  • 「7セグメントデコーダ」
  • 「レジスタ」
  • 「カウンタ」
  • 「同期微分」
  • 「状態遷移」
  • 「16bit マイクロプロセッサ POCO1サイクル版」
  • 「32bit マイクロプロセッサ MIPS1サイクル版」
  • 合成用システムの使い方

  • 「合成用システムあんちょこ」
  • 用語集

  • 「計算機構成用語集カナ・日本語」
  • 2017年度

    授業資料はこのページに掲示し、授業課題の提出はkeio.jpから行います。ご注意ください。
  • 4/11 MIPSの命令セット

    演習資料:prog.tar PDF資料:mipsise.pdf

  • 4/18 MIPSの命令セット演習

    PDF資料:mipsisaex.pdf

  • 4/25 MIPSのマイクロアーキテクチャ

    演習資料:simple.tar PDF資料:mipsmicro.pdf

  • 5/2 MIPSのマイクロアーキテクチャ演習

    PDF資料:mipsmicroex.pdf

  • 5/9 I/O

    I/O演習資料:io.tar PDF資料:io.pdf

  • 5/16 I/Oの演習

    PDF資料:ioex.pdf

  • 5/23 割込み

    割込み演習資料:int.tar PDF資料:int.pdf

  • 5/30 CPUの評価と論理合成

    CPUの評価演習資料:synth.tar PDF資料:synth.pdf

  • 5/30は論理合成をやります。アカウントは新たにおくばりします。この件については、mushak+comparc at am.ics.keio.ac.jpにメールください。(at を@に置き換えて下さい) 。
  • 6/6 CPUの評価と論理合成の演習

    マルチサイクル版CPUの評価演習資料:multi.tar PDF資料:synthex.pdf

  • 6/13 パイプライン処理

    パイプラインの基本構造:pipe.tar PDF資料:pipe1.pdf ハザード回避付パイプライン:pipe2.tar

  • 6/20 パイプライン処理演習

    PDF資料:pipe1ex.pdf

  • 6/27 パイプラインハザード(演習も)

    PDF資料:pipe2.pdf

  • 7/4 CPUの高性能化

    スーパスカラ版:mipsess.tar VLIW版:mipsevl.tar PDF資料:hpcpu.pdf

  • 7/11 CPUの高性能化 演習

    PDF資料:hpcpuex.pdf

  • 2017年コンテスト

  • 設計コンテスト資料

    演習資料:contest17.tar PDF資料:contest17.pdf(7/31改訂)

  • コンテスト資料を提出し、8月5日17時までに返信がない方は、至急hunga-at-am.ics.keio.ac.jpの方にメールください。

    樋本君、reportが不完全です。 上甲 香澄君、レポートが含まれていません。急ぎ再送お願いします。 高橋 広大君、長尾 俊介君、提出している場合は急ぎメールください。

    2017年コンテスト結果発表

    VLIW部門

    今回は、ハードウェアの変更があまり上手く行かず、スケジュールを攻めた人が良い成績でした。 トップの大河原君は、fanout制約を緩めていました。これは実は結構効果があるので、本当は禁止すべきだったのですが、 どうせ誰もやらないだろうと思い、ほっておいたのをつかれました。お見事です。来年からちゃんと禁止します。 伊藤君はフォワーディングを組合せた見事な設計です。ここに載った方々にはSを差し上げます。お見事でした。

    VLIW部門順位

    名前 ポイント
    大河原 将 君 6.67
    伊藤 拓海 君 5.74
    岡本 泰明 君 5.37
    森 祐樹 君 5.2
    鈴木 慶汰 君 5.1

    スーパスカラ部門

    バグや表示が出なかったりする問題があってご迷惑をお掛けしました。そもそも挑戦者が少かったのですが、 見事に4.02倍の性能向上を達成した杉浦 叶典君、バグを見付けてくれた鈴木 宏海君にはSを差し上げます。

    基本パイプライン部門

    ハードウェアもいじって欲かったのですが、あまりそういう人は居らず、ループアンロールをしてスケジュールといった 答が多かったです。この中で、トップの1.75倍の性能向上を果した菊地 隆文君にはSを差し上げます。

    上位入賞してしかるべき成績なのに載ってない、という方は遠慮なくhunga-at-am.ics.keio.ac.jpにメールを 下さい。その前に天野からメールが来ていないか確認してください。今年のコンテストで10倍以上の成績を申告した 人は全員間違いがありました。この人達にはメールをしているはずです。

    採点基準

    ここに掲載していない方は、昨年と同じにしました。すなわち スコアSに演習の点P(1問1点)を加算して、以下のようにしました。 (S-1)*10+P 19以上: A, 17以上:B, 15以上C です。多くの方がAとなっています。

    2016年度

    授業資料はこのページに掲示し、授業課題の提出はkeio.jpから行います。ご注意ください。

    2016年コンテスト

  • 設計コンテスト資料

    演習資料:contest16.tar PDF資料:contest16.pdf

  • 2016年コンテスト結果発表

    今回は、例年のようなモンスターデザインがなく、僕としては残念でした。上位入賞者はいずれも ループアンローリングと複合命令の組み合わせで性能向上を果たしており、クレバーな実装でした。 ここに記載した11名は演習の成績に係わらずAとします。 今回、当方色々予定が重なり、採点までの時間が非常にタイトでした。このため、間違いをしていないか 不安です。間違いがある と思ったら、遠慮なく天野(hunga at am.ics.keio.ac.jp)の方にメールください。

    順位

    名前 ポイント
    丹羽 直也君 3.93
    吉敷 一将君 3.27
    塚田 峰登君 3.09
    奥岡 耕平君 2.27
    池添 赳治君 2.26
    山内 脩吾君 2.07
    岩田 拓真君 2.00
    原村 颯君 1.72
    宮崎 一輝君 1.67
    檜垣 晴明君 1.67
    風見 亮佑君 1.64

    採点基準

    ここに掲載していない方は、昨年と同じにしました。すなわち スコアSに演習の点P(1問1点)を加算して、以下のようにしました。 (S-1)*10+P 19以上: A, 17以上:B, 15以上C です。多くの方がAとなっています。

    2015年コンテスト結果発表

  • 設計コンテスト資料

    PDF資料:contest15.pdf(7/22改訂 提出方法) 今回はエネルギー効率が1.60以上の設計は無条件にAとし、1.8以上の設計はここに 掲示してその栄誉を賛えます。 プログラムの最適化だけだとちょっとこれ以上は難しいです。4.00を 越えるのは複合命令などを使ったもので、結構凄い設計です。今回はSIMD命令などでは 性能向上が難しく、苦労したと思います。お疲れ様でした。それと、小島君の設計はがんばって いたのにあまり最終的なポイントが上らず気の毒でした。努力賞でAを差し上げます。

    順位

    名前 ポイント
    三塚 皐矢君 8.17
    滝本 佑介君 5.59
    武者 千嵯君 4.40
    関川 柊 君 4.22
    大須賀敦俊君 3.62
    大久保 徹以君 2.68
    畔上 佳太 君 2.65
    湯原 昌 君 2.27
    石黒 健太 君 2.15
    石川 礼 君 1.90
    十時 知滉 君 1.89
    浜崎 巧君 1.89
    鈴木 雄太君 1.84

    採点基準

    スコアが1.6未満の方は、スコアSに演習の点P(1問1点)を加算して、以下のようにしました。 (S-1)*10+P 19以上: A, 17以上:B, 15以上C です。多くの方がAとなっています。

    質問などの宛先

    授業・演習に関する質問等は、

    までどうぞ。

  • webmaster@am.ics.keio.ac.jp